TOMYのBLOG

BY TOMYMADE

TOMYMADEのレザーケア(ナチュラル編)

こんばんは。TOMYです。

今日はユニセックス財布ライン「NUEL」ナチュラ

を購入、愛用、検討されている方へ向けたケアを書きます。

 

f:id:TOMYMADE:20191029012204j:plain

ユニセックスライン NUEL

まず、レザーの特徴はさらりとしてます。これは素材そのもののまっさら

な状態である証拠です。決してワイルドではなく、素材感ある綺麗さがあり、このニュートラルな状態をスタートに選びました。

 

素材は国産原皮のレザーを兵庫姫路市のタンナーさんがなめした純国産素材です。

なめしはミモザ等の植物成分を主としたタンニン鞣し(なめし)のナチュラル(ヌメ)

※「なめし」についても今度簡単に書きます。

 

レザーで真逆を例えるなら

男性らしく、紳士モノで人気の「ブライドルレザー」あたりですね。

オイルや蝋を多く含んだレザーで、すでに、ぬるりとオイリー。

 

お米で例えるならTOMYMADEのヌメが炊き立ての白米。

 

ブライドルレザーが香ばしさがそそる炒めたバターライス。

 

「へえ、そのくらい違うんだ」「どっちもおいしいけど目的が違うね」

 

の2点をご理解頂けていたら幸いです。

 

では、そんなさらりとしたナチュラルレザーをどうケアしていただくか。

正解は無いので、おすすめ注意というスタンスでお受け取りください。

 

まず基本はこの記事と同じなんですが

  

www.tomymadeblog.work

 

ナチュラルがゆえの踏み込んだポイントは

 

初期の注意3点。

 

①.色移り②.シミ③.汚れ

 

これをうまく乗り切るのが大事です。

 

ナチュラルは何にも染まっていないレザーがゆえに、影響を受け易いです。

まっさらな初期ほど触れたもの反映されます。

 

汚れた手、雨の玉染み、デニムなどの褪色しやすい生地。

 

すべてが対象です。面倒であっても、その先を楽しむ為の大事な期間です。

 

ではどうするか。

 

綺麗な手で触り、濡らさず、色うつりする色の生地との接触を避ける。

 

そう。シンプルです。

 

さらにこれら全てを手助けしてくれるのがクリームです。

 

 

f:id:TOMYMADE:20191027223054j:plain

 

 

汚れにくく、水をはじきやすく、色移りしにくい。状況を作ってくれます。

 

1番最初にクリームを入れる際のポイントは

手早くまんべんなく入れる。につきます。

最初は吸い込みが良いのでムラ防止です。

 

レザーにクリームやオイルを入れすぎるのも良くないのですが、TOMYMADEのNUELのナチュラに関しては、最初の30日で3~4回いれても良いと思っています。

量は徐々に減らしながらで大丈夫です。

この期間の汚れやシミを防ぐことで後の美しさに差が出ます。

 

クリームを入れた直後はレザーが濃くなりますが、1時間もするとまた色は薄まります。

これを、年月をかけて繰り返すことで、色が変わり、艶が増し、汚れを受付にくいレザーへと育ちます。

2カ月もすると、なんとなくレザーの状態がわかるようになってくると思いますが、

 

目安として、乾いた感じがする、水を良く吸う。と感じたら、クリームを入れて下さい。

 

反対に艶が出ない、しっとりし過ぎていると感じたら、クリームを入れるタイミングではないか、頻度が多いです。

 

「今がベストだよ!」

レザーが出してくれるサイン

 

「艶と撥水」2つです。

 艶も撥水性もあるときは状態良しです。

 

そのサインを感じ取り最高のエイジングをお楽しみください。

 

使用頻度にもよりますが、ケアは徐々に楽になります。

 

月3が月1に。月1が3か月に1回に。

1.2年後には半年に1度くらいになってると思います。

 

そのころには愛用品と呼べる程になっているでしょう。

 

ということで、TOMYMADEのNUELシリーズ

 

ナチュラル編」でした。

 

最後に

 

ケアはモノも時間も自分自身も

 

楽しめるものです。

 

おしまい。

 

f:id:TOMYMADE:20191025134250j:plain

 

 

TOMY MADE